千葉の各地域の葬儀

千葉は地域によっては昔ながらの葬儀の慣習やしきたりが残っています。

知ったもん勝ちの千葉の葬儀

千葉の各地域の葬儀

政令指定都市の一つである千葉市をはじめとした都市部と、郊外、農村・漁村部といった地域があります。

当然その地域によって執り行われる葬儀が異なります。

都市部では葬儀も東京などとあまり変わらず、その内容も大差ないと言います。

昔ながらの風習、というものは殆どないようです。

昔は近隣の住民グループが「葬式組」や「班」と呼ばれる地域の葬儀を手伝う互助組織が当たり前のようにありましたが、都市部では殆ど見かけなくなりました。

ですが、都市部以外ではまだ古い風習が残っているそうで、こういった互助組織もまだ機能しているようです。

別れの杯や長寿銭といった風習が残っているところもあるそうです。

互助組織なら手伝いという形で今もその形を残している部分はありますが、こういった形式は全くと言っていいほどに見なくなりましたね。

千葉で最も特徴的な葬儀の進行といえば、火葬のタイミングです。

基本的に火葬は「後火葬」が一般的ですが、千葉の館山市や房総の方では葬儀の前に火葬を終える「前火葬」が主流です。

後火葬であれば葬儀の後に火葬するものですが、前火葬の場合はそのタイミングも地域によって異なります。

例えば館山市や房総地域では通夜の翌朝に火葬を行い、他の地域では通夜の前に火葬を行うところがあります。

参列者がお別れをいう通夜・告別式で棺ではなく骨箱が祭壇にあるのは、後火葬になれている人からすると驚きますね。

これは「骨葬」といい、漁師町だった地域で行われていました。

男性はみな海にでてしまい、陸に男性親族がいないため、一旦火葬して船が戻ってきてからみんなで葬儀を行うためというのが理由の一つです。

男手が足りないため、という理由以外では地域ぐるみで盛大に葬儀を行っていたことも理由の一つですね。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 知ったもん勝ちの千葉の葬儀 All Rights Reserved.